コンプライアンス

法律や内規などの基本的ルール

コンプライアンスに関する取り組み

コンプライアンスを経営の最重要課題の一つとして位置づけ、お客様や社会の期待に応えることを前提に、経済社会の発展に貢献し、ゆるぎない信頼とご支持をいただける会社を目指します。

コンプライアンス規範

全従業員が、社会人・企業人として誠実かつ適切に行動するためのコンプライアンスに関する具体的な規範として以下を定めています。

1.対等・公正・透明な取引
すべての取引先と対等・公正・透明な取引を行う。
2.不当な差別の禁止
性別・年齢・出身地・国籍・人種・民族・信条・宗教・疾病・障害等による差別をしない。
3.ハラスメントの禁止
いかなる形でもセクシャル・ハラスメント(性的嫌がらせ)、パワーハラスメント(職務上の立場を利用した嫌がらせ)を行わない。
4.会社の名誉・信用・権利・財産の維持
会社の名誉・信用・権利・財産を傷つける行為をしない。
5.反社会的勢力・団体との関係不保持
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体とは一切の関係を持たない。
6.適切な情報管理
個人情報・機密情報管理の重要性を認識し、適切な管理を行い、正当な業務活動以外の理由で情報を社外に持ち出さない。
7.環境に配慮した活動
環境法令を遵守し、環境に配慮した事業活動に努める。

コンプライアンス体制

コンプライアンスをより確実に実践していくための体制として「コンプライアンス委員会」を設け、コンプライアンスに関する全社的方針の決定・改訂、 コンプライアンス体制の維持・管理、コンプライアンスの推進、関係部署との調整、コンプライアンスの実施状況の確認、情報の共有化並びに 再発防止への助言提言等を行っております。

コンプライアンス教育

全従業員を対象とするコンプライアンス講習会を随時開催しています。